ひと月ほど前、庭にハーブを植えました。その一つがミントです。ミントはお茶にするとすっきり爽やかで、特に、食後に飲むと胃もたれが少ないのです。二日前、ぐんと大きくなったミントを「初ミント♡」なんてワクワクしながら摘みに行った時、気がつきました。目に見えていたのは、まっすぐ上に伸びているものでしたが、周りの茎が地面を這うように根付いているではありませんか!なんだか感動して、しばらく見とれていました。

「私はできる」とか「私が中心で」なんて自分を誇ることなど、脇の茎には思いもよらないことなんでしょうね。ただ無心に、自分の役割を果たしている。誰にも気づかれずに、時には踏みつけられることだってあるでしょう。それでも、自分の使命を果たさんとばかりに地を這い、新芽をつけている。健気で潔い力を感じました。

私はどうかな。この世に生まれてきた使命を受け取り、それに向かって生きているかな。人と比べて上がったり下がったり。そんな時もあるけれど、それでも、自分の使命に立ち返り、それを全うしたいな。地と這うミントから、そんな気持ちを貰いました。

そうそう。ラベンダーも植えたんです。思いがけないほど、たくさんの花をつけてくれたので、友人への香りのプレゼントととして、手紙に挟んで送っています。幸せ時間。