こんにちは(*^▽^*)先生元気プロジェクトの籠井です。

私の出会った子どもたち・・・こんにちは、ハリネズミ君

ハリネズミ君は、夏休みに転校してきました。出会いは運動場。遊具の点検をしているときに、親しげに話しかけてきたのです。まるで、ずっと前からの知り合いのようにすっとこちらの懐に入ってきます。その入り具合に、虐待を受けた子かなと思いました。

ハリネズミ君の担任になった私は、2学期の始業式の日、K「こんにちは。担任の籠井です。どうぞよろしく」とあいさつをしました。帰ってきた言葉は、H「くそばばあ」。

K「確かに。くそばばあだわ。どうがんばっても、くそじじいにはなれないもんなぁ」H「あほか」K「ああ、確かに私あほなんよ。すごいな-。一目でよくわかったね」H「は~ん?」K「こんな私だけど、よろしくね」そう言って手を出すと、その手をパチンとはじいたハリネズミ君でした。

その日を境に、親しげだった彼は、とげとげハリネズミ君に変身したのです。お母さんの連れ子だった彼は、義理のお父さんとそのお子さんたちとの新しい生活のために転校してきました。大人の都合で傷を受け、ギザギザになった彼の心は、そのギザギザで自分も相手も刺しました。彼との日々は、しんどかった。こちらも生身の人間です。針に刺されるのは痛いし嫌です。心も体も疲れ果てました。時には点滴を打ちながら踏ん張りました。それでも、彼だけを責める気にはなれませんでした。彼も犠牲者なのですから。それに、私には、ハリネズミ君の本体がとても小さく感じられたのです。だから日々をしのげたのかもしれません。

彼との刺激的な日々は、次回お伝えします。あなたの周りにもハリネズミ君はいませんか?その子の本体は、どのくらいの大きさですか?

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。次回またお目にかかれるのを楽しみにしています。