弱さについて、いろいろと思い巡らせています。sgpも「弱さ」を大切にしています。『しゃべラボ』は、弱さを出す場です。人は、強い自分だけでは生きられません。弱音を吐き出してこそ、次に進めるのです。時にそれは、ただ受けとめてもらうだけでいいし、励ましやアイデアをもらって進めることもあります。そんな仲間がいると思うだけで安心するものですし、心の中にそのような人を思うだけでホッとすることもあります。だからこそ、『弱さのちから』という本は、私の中でこれだけ響くのでしょうね。

さて、今日は、3人の人を紹介します。「弱さのかなたにある光」という章の中で、若松氏は3人の人とその言葉を紹介されています。一人目はドイツのメルケル首相。その言葉を抜き書きしてみます。

ー私たちの社会は、一つひとつの命、一人ひとりの人間が重みをもつ共同体なのですー(略)ー日常生活で「交わり」の中にいるとき、私たちはなるべく「弱さ」を隠そうとします。「強がる」ことが多いようにも思います。そのいっぽうで、信頼できる人と「つながり」を感じるときは、安心して「弱く」あれるのではないでしょうか。それだけでなく、弱いところを見せながらも、互いに助け合うということも起こる。人は、弱くあることによって強く「つながる」ことが少なくないのですー

メルケル首相は、こんな言葉も言われます。ー人間はそもそも自分を愛し、自分を信じ、自分自身を理解していなければ他者を愛することもできませんー

二人目は、ニューヨーク州のクオモ知事。彼は、ーコロナの危機の中で、的確な指示と洞察力、さらに、「弱い」立場にいる人を守ることと「いのち」が最も大切であり、「いのちを犠牲にして経済を加速させる、そんなことを言うアメリカ人はいないはずだ」ーと言っています。もちろん、現実を踏まえた上で。そして、次の5つの信条を毎日呼び掛けています。

①タフであること ②賢明であること ③規律を守ること ④歩調を合わせること ⑤愛を忘れないこと これらのありようを根底から支えているのは「愛」であると。利己主義の壁を打ち破るのは「愛」にほかならないと。

三人目はローマ教皇フランシスコ。ーこのパンデミックは、苦しむ人々の間には違いも境界もないことを、わたしたちに思い出させました。わたしたちは皆、弱く、平等で、かけがえのない存在です。今起きていることは、私たちの内面を揺さぶります。今こそ、不平等をなくし、全人類の健康を損ねる原因である不正義を正す時ですー

弱さこそがちから。自分の弱さを認め、受け入れることから始まる新しい歩み。さあ、一歩踏み出しましょう。愛すべき自分の弱さとともに。