「絶望への共感」ということをご存知の方もいらっしゃるでしょう。

私が自分に失望し絶望したのは、妹から「お姉ちゃん、殺して」と言われた時です。それは、死の半年くらい前のことでした。妹は、モルヒネを打ち、かなり激しい痛みにもがいていました。殺してほしいくらい苦しい状況にあることは分かっても、私には、彼女の痛みも苦しみも、到底分かり得ない。まして、幼い子どもを残して死ぬという悲嘆。慟哭。変われるものなら変わりたい。けれども、それもできない。もどかしくて情けなくて…なすすべを持たない無力な私は、そばにいるのがやっとでした。痛みに耐え、苦しみにもがき、死の恐怖と闘いながら、声もたてずに泣いている妹。人生に絶望している彼女のそばで、ただ、おろおろしているだけの無力な自分への絶望。私もまた、闇の中で声もたてずに泣いていました。どれくらい時間が過ぎたことか…。妹が静かにこう言いました。「もう少しだけ生きてみる…」

後にこれは、「絶望への共感」だと言われました。「人生の絶望」を味わっている人のそばで「共感できない自分への絶望」を味わっていると。

「絶望への共感」。自分がそうしてもらったら、もしかしたら、生きる希望を垣間見れるのかもしれません。誰にもわかってもらえない、その悔しさ、虚しさ、憤り。分かってほしい。けれども、人は本当には分かり合えないのではないか。だからこそ、少しでも分かりたい、近づきたいと願う。それが『共感』への第一歩、そんな気がしています。

「絶望への共感」は、深く深く沁みとおります。