こんにちは(*^o^*) 先生元気プロジェクトの籠井です。

『沢田の杖塾』は、長年岡山県の教育相談会を牽引してこられた森口章先生が主宰されているカウンセリングルームです。福利厚生課も組合もここを心のケアの場として活用してくださっています。そして、ここは、私が家族と共に過ごした思い出の場所でもあります。私がうつで休職した年は、森口先生が退職を迎える年でもありました。「教師の駆け込み寺をつくりたいんよ」「じゃあ、うちを使って」・・・ほんの数分で『沢田の杖塾』は誕生しました。本格的に始動するために、杖塾の畳を拭きながら気がついたのです。

私は、家族の思い出から逃げるようにその家を出た。それ以後は、辛すぎて足が向かなかったその家に、再び入ることができた。これは、家の再生であると同時に、私自身の再生だと。杖塾の家を出る時、どんなに片付けても、各部屋の隅に、何かしら片付かない部分がある。なぜだろうと思いつつ、それを残して出た。それは、再生のための無意識の準備だったのではないか。そして、杖塾に再び明かりがともった日、確信しました。私は、必ずこの闇を通り抜けられると。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。いつか、お目にかかれる日を信じて。