皆さんの『共感』された思い出には、どんなものがありますか?

と言いつつ、自分が最初に思い浮かべたのは『共感』されなかった時のことです。それは、妹が癌の診断を受け、「癌=死」という思いに覆われていた頃のことです。こんなことを言われました。

「大丈夫。一日生きればその分医学は進歩する。生きる可能性は高まる」……ううん……医学的見地をききたいわけじゃないんだけど。

「それはつらいね。私も母を癌で見送ったから、その辛さ分かるわ。でもね、あなたはいいわよ。まだ生きているんだもの。私なんか、どんなに親孝行しようと思っても、もう母はいないのよ(涙)」……おいおい、話がすり替わってませんか?

担任していた6年生の子どもたちにも、妹のことを伝えました。手術には付き添いたいと。すると彼らはこう言いました。「行け行け。先生、俺ら、先生がいなくても何でもできるぜ。とっとと妹さんのところへ行っちゃえ」「そうだそうだ。俺らをなめるな」。口をとがらせながら、でも、温かいまなざしで口々に言う子どもたちから、私は、『許し』と『共感』をもらったのです。ちょっと大人に見えました。

言葉も大切ですが、言葉以上に語る人の想いが伝わるのですね。『共感の心』。改めて考えてみたいと思います。皆さんの『共感』にまつわるエピソードも、ぜひ、お聞かせください。お待ちしていますー。