『しばらくは、離れて暮らす「コ」と「ロ」と「ナ」。次会う時は「君」という字』

コとロとナを組み合わせてみると、「君」っていう字になるんですね。lineにカラーで送られてきた短歌に、思わずほっこりしました。

山形県でも不要不急の外出は禁止。ドラッグストアには、マスクもエタノールもありません。ちょっと前には、ティッシュもトレぺもお米もパスタもありませんでした。マスクが到着する日には、朝5時からお店の前で並ぶ人がいるそうです。些細なことの積み重ねで、しらずしらず、心が蝕まれていくのを感じます。東京を始め、緊急事態宣言を出された地域の方々の心労はどれほどだろうかと思います。

学校現場も本当に大変です。「3つの密」の禁止って、この時期本当に大事ではありますが、子どもたちにとっては、一番難しいことだと思いませんか。遊べない。話し合いもできない。給食だって一緒に食べれない。そんな学校、見たことない。学年が下がるほどに難しい気がします。

そんな中での教育活動ですが、きっと、いえ必ず、新しい何かが生まれてくると信じます。人の持つ潜在能力、創造力、実行力は、本当に素晴らしいものですから。SGPも、オンラインしゃべラボの実施に向けて、テストを始めています。このことがあったからこそという、より豊かな教育活動、生活向上を信じます。コロナには、負けへんでー!もっと、素晴らしい教育活動ができるようになるんやでー!

目に見えない敵には、目に見えないけれども、人にとって最も大切な「愛」をもって闘いましょう。一人じゃない。仲間がいる。これでいい。その安心感がエネルギーとなり、意欲や勇気・覚悟となって世界は広がっていくのです。子どもたちに残せる最高の財産を生み出すときだと信じます。