こんにちは(^^♪ 先生元気プロジェクトの籠井です。

メルマガの「ホッとするひと口話」のために現役時代を振り返っている時、『3分間デート』を思い出しました。それは、教育相談週間にしていたことで、「教育相談」なんて低学年の子には分からない単語なので、『3分間デート』とネーミングしました。1対1でゆっくりと過ごす。わずか3分なのに、ゆったりとした時間の流れに浸れるのも好きでした。子どもたちは、「先生の椅子に座れる!」(ふかふかだし、くるくる回れるし)と喜んだり、時には膝の上に座ったり。一人ひとり、可愛かったなー。やんちゃで反抗的な子が照れる姿は、最高に可愛い。【子どもは愛でできている】そんな気持ちにもなりました。

低学年の教室には、小さな子どもたちのために、黒板の下にひな壇が置いてあります。そこが、順番待ちの長椅子に変身し、待ちながらのおしゃべりも楽しそうでした。「3分経った」と勘で言うのが結構正確で、タイムキーパーをお願いしたりもしました。何もかも愛おしい思い出です。あの子たち、いくつになったのかな。今ごろ、どこでどうしているのかな。元気でいてほしいな。幸せでいてほしいな。何かあったら連絡してね。いつでもスタンバっているからね。素敵な時間をありがとう。

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。幸せな気持ちで終わります。また次回、お目にかかれることを楽しみにしています。