こんにちは(*^o^*)先生元気プロジェクトの籠井です。

主治医で、こらーる岡山診療所の山本昌知先生に、「好きなことをしてごらん。すべき事じゃなくてね」と言われた時のことです。一瞬、頭が真っ白になりました。何にも思い浮かばなかったのです。『亡き妹の子どもたちのお世話。母の介護。学校での仕事。バリアフリーの家を建てる。借金返済について考える。。。』すべき事だらけの中で過ごすうちに、自分が何者で、どう生きていたかも見失っていました。

私の好きなこと・・・それを思い出そうと過ごすうちに、ふっと風が吹いて、セイタカアワダチソウが揺れたのです。その時、何かがパチンと弾けて、「今染めたら、黄色に染まる」と思ったのです。そう、私は、草木染めが好きだったのです。それを思い出したことがうれしくて顔を上げると、そこには青い空が広がっていました。空って青かったんだ。。。あちこち見渡すと、山の緑が、黄色い壁が、茶色の屋根が見えました。その時始めて気がついたのです。世界には色があったと。私は、長い間、モノトーンの世界で生きていたのです。自動販売機の赤い色も愛おしくて、スキップしたくなりました♪それ以来、色を感じるかどうかは、自分の心の調子を測るものさしのひとつになりました。

スキーが好き。色鉛筆が好き。山登りが好き。読書が好き。編み物が好き。お昼寝が好き。猫が好き。陽だまりが好き。。。あなたは何が好きですか?今度、教えてくださいね。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。ではまたねー