「共感は難しくても、理解はできる人が増えてほしい」。

これは、東京大学名誉教授のロバート・キャンベル氏が自身のブログで書かれている言葉です。大事な感情である『共感』は、時に危うさもある、と。つまり、共感できた人の間に一つの«世間»ができてしまい、共感できない人たちとの間で枠ができてしまう、というのです。確かにそういうこともあるかもしれません。『共感』は、できるに越したことはないけれども、できないからと言って自分を責めることでもないし、ましてや相手を批判することでもありません。そんな時に、「共感は難しくても、理解はできる」と思えば、ずいぶん風通しがよくなります。「あなたの気持ちまでは分からないけれども、そういうこともあるとは思うよ」ということでしょうか。『共感』と『承認』みたいな関係かも。

教師10年めの頃、「分かったと思った時点で関係は切れる」と先輩の先生に言われたことがあります。「分かったと思った時点で、それ以上聞かないだろう」って。この時は、人間関係について言われたのですが、教材研究に関してもそうだなと思いました。授業のために教材研究をする。けれども、「分かった」と思った時点で、私は学ぶことをやめていましたから。今は、これは、生き方そのものにつながるものだと思っています。だからこそ、「分かった」の後、「他にはないかな」と思い直すようにしています。

「共感」も「理解」も、相手に伝わるのは、根底に流れている「愛」ではないでしょうか。「共感したい。けれども、今の私には共感できない。それでも、あなたは大切な大切な人なの」。絶望している妹に伝わったのは、あなたのそばにいたい、あなたはかけがえのない大切な存在なんだという、私の叫びのような「愛」なのではないかと思うのです。

たとえ共感はできなくても‥‥