「やご救出大作戦」。。。実は、そこには悲しい物語があるのです。

プールにいたヤゴさんたちの気持ちになってみましょう。

ある日突然プールの水抜きがあり、ぷかぷか浮かんでいた平和な時が奪われ、次には子どもたちに網で追われ、気がついたらバケツの中。広い広い世界から、満員電車のような狭いところにいるわけです。天変地異。仲間は次々に死んでいきます。ああ・・・

「これ、救出ちゃうなあ。殺人じゃん」一人の子どものつぶやきに、思わずみんな納得。さっそく子どもたちは、お墓づくりに取りかかりました。(この切り替え、すごい!)そんな中からトンボになって大空に飛び立つヤゴもいる。感慨深いです。「命ってすげえ!!」子どもたちの叫びです。

「やご救出大作戦」ってホンマはなんやろね。

次回から、少しずつセミナーの内容にもふれていく予定です。また読んでね。