日常生活の中で、違和感が起こること、ありませんか?

先日、ある質問に答えた後のことです。なんとなく違和感を感じたのです。どうしてもそれがぬぐい切れなくて、そっとずっと自分に問いかけていました。すると、自分の中にあの時とは違う答えがあることに、気がついたのです。それを伝えた後の心地よさったら。もう、すっきりしました!

同じように、人に対しても違和感を感じることってありませんか。例えば、朝見た時と感じが違う、よく見ると髪を切っていた、とか。また、表情や雰囲気なども普段と違うなって感じられることがあると思います。また、言葉と雰囲気がズレている時の違和感も大切です。こういう違和感は、実は、私たちをさらに奥へと導いてくれる大切な感覚ではないかと思うのです。それをきっかけに、相手とも自分とも会話が始まりますしね。

私には、もう1年以上「どうなの?」と問いかけていることがあります。そのかいあって、少しずつ自分の奥に近づいている気がしてきています。無理やり、「こうなんだ」と決めつけないで、「これでいいはず」と納めないで、漂いながら、さらに問いかけてみる。これも、自分を大切にする作業だと思う今日この頃です。「自分を慈しむ」のひとつです。違和感は、人生を彩り豊かにする感覚です。