春は別れと出会いの季節です。

初めての卒業生を送り出して迎えた4月、新学期。

運動場に子どもたちの元気な声が帰ってきました。でも、どこを探しても、一年間ともに過ごした6年生の子どもたちがいないことに気がつき、「ああ、本当に巣立ったんだ」と身体の芯から寂しく感じたことを思い出します。

一人ひとり、それぞれの人生を悔いなく豊かに生きてほしい。

そう願う私のもとに時々届く子どもたちの“今”。先生って、素晴らしい仕事ですね。